« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014.11.30

ノースランド牡蠣パーティ

11月29日、毎年恒例の「ノースランド牡蠣パーティ」に今年も招待されました。
年に一度だけ「牡蠣」をお腹いっぱい食べれます。とっても嬉しい企画に、高木さんご夫妻には感謝の気持ちでいっぱいです。
Cimg1942 Cimg1943
Cimg1920 Cimg1922
焼き牡蠣、ホタテのバター醤油、そして牡蠣入り湯豆腐、更には肉のステーキ等々、美味しさ山盛りです。
タカマは、味噌おでんとガーリックトースト持参です。
Cimg1921 Cimg1923
アルコールは皆さん持参のビール、ワイン、焼酎、大吟醸等々、一通りいただきました・・・予想通り二日酔い!
Cimg1925 Cimg1936
Cimg1937 Cimg1939
Cimg1930 Cimg1928
Cimg1946 Cimg1944
Cimg1935 Cimg1934
とっても美味しく、楽しい時間を有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.12

尻別沖16回目(ラストボート)

11月11日、今年最後の尻別に行ってきました。
7時現地到着、斜路は時化による波により砂利が抉られ段差が激しい状態、修復を手作業で行う事は無理な状態、ウムー・・・仕方なく滑り材のある方を利用することにしました。
南東の風が強い為、岩内寄り(ビンノ岬沖)の水深140mで開始。
Cimg1913 Cimg1914
ここは北東の風が吹いています。
小さな根があるようですが・・・最初に釣れて来たのはギシカジカでした。アタリは遠い感じです。
Cimg1886
何度か移動を繰り返し、魚探に反応が・・・いい感じです、釣れました!狙いのタチが入っていました。
Cimg1915
クロダさんもタチ入りタラをゲットしたようです。
風も弱くなりだんだん凪ぎてきました。何時もの128mへ移動しようと・・・船外機の周りの海水に油???
エンジンを止めて、チルトアップすると黄色い塊が三つ浮かんできました、オイルが漏れているようです。128mへの移動は止めて、帰港することに。
河口まで戻ってきたところで、せっかくなのでヒラメに挑戦。
Cimg1919
いい感じで5匹確保して帰港。釣果は、タラ3匹、赤い奴小2、ヒラメ5匹でした。
クロダさん、お疲れ様でした。今年はこれで終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.03

尻別沖15回目(今年の最終?)

11月1日~2日、今年の最終?の尻別に行ってきました。先日手稲山に初冠雪、市内も初雪の便りでいよいよ今年のラストボートになりそうです。
1日の朝は何度?冷えています、陽が昇るのを待って出撃準備していると、クロダさん到着挨拶を済ませ先に出撃します。
南東の風が強く、温泉前のマガレイから開始です。
Cimg1891 Cimg1893
あまり喰いは良くありません、型も小さく唐揚げサイズばかりです。
Cimg1894 Cimg1896
クロダさんとヒラノさんもマガレイ狙いですが!
Cimg1898
マガレイは、14匹キープしました。
クロダさんから沖の風も弱まったの連絡で、沖へ!
岩内寄りの水深130mで開始するも・・・。移動を繰り返して、タチ入り鱈ゲット。
Cimg1899 Cimg1901
500gのジグ(カムイ)に大物ロックオン、超メタボの鱈をタモでネットイン、血抜きをしてからボートに揚げようと取っ手を引っかけてもう一方のロッドをしゃくった時、ナッ!何とタモと超メタボ鱈が海中に・・・・残念!ガッカリ!もうやる気が失せ帰港。
この日は泊り、ワカサギ用のテントを張り、3人で何時ものBBQ。ヒラノさん持参の泡盛が美味しく、飲み過ぎ?
2日、5時半起床まだ真っ暗です。ただ風も弱く、海はベタ凪ぎです。
オウミさん、アズミさん、タカトリさん、トノヅカさんも出撃予定です。
・・・急にヒラノさんの車からクラクションが・・・喧しい、五月蠅い、早く止めて欲しいのですが、車の鍵が・・・・、とりあえずバッテリーケーブルを外して。皆で鍵を探しますが・・・
Cimg1902 Cimg1904
Cimg1905 Cimg1909
10時頃から風が強くなる予報でしたが、時々雨が降る程度で風は強くなりません。
結局、ヒラノさんの車の鍵は、ジャケットのポケットにありました。
何だかんだで、SeaDragonはこの日出撃を止めました。
出撃した皆さんは、タラ、ヤナギを大漁して昼過ぎには全員帰港してきました。
今年最終?の尻別沖攻撃隊の皆さん、お疲れ様でした。
今回の釣果、タラ6匹、ヤナギ4匹、ホッケ8匹、マガレイ14匹、赤い奴小1でした。

続きを読む "尻別沖15回目(今年の最終?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »