« タチ入りタラ調査 | トップページ | 手稲山初冠雪 »

2013.10.07

釣り大会『タラ釣り一本勝負』

10月6日は、秋の釣り大会です。この時期は天候が不安定で、過去連続2回中止になっています。今年は何とか開催できそうな天気予報で、前日5日から尻別に行ってきました。
8時現着、ナカノさんとタカハシさんは、既に出撃していました。
Cimg0703 Cimg0705
何時もの南東の風3.4m/s、気温12.4℃、河口の波も出撃には問題ないようです。無線で問い合わせると、ヒラメが順調に釣れているようです。ただ、ナカノさんの無線は交信不能、腐っているようです。
早々に帰港した人からの情報では、ウネリが大きく河口から出るときは注意が必要。
出撃して、事前調査と思いましたが中止しました。
午後からクロダさん到着、ヒラメをゲットした事前調査の2艇も帰港、タカトリさんも到着して「爆釣果研究会」(一般的に言う懇親会)の準備開始。その前に、
Cimg0706 Cimg0707
何時も利用している河川敷に感謝して、恒例のゴミ清掃。
懇親会参加者は6名の予定でしたが、たかじぃさんは業務多忙で翌日の到着になりました。懇親会の酒の肴は、今年もタカマがプロデュースしました。皆さんに手伝っていただき準備開始です。
Cimg0708 Cimg0710
準備中に、懇親会には不参加のはずのオオタキさんが、美味しそうなブリを持参して到着。(事前に連絡が無いのは・・・)
Cimg0711 Cimg0714
Cimg0713 Cimg0715
揚げ物が完成後、皆でカンパイ!明日の海況が気になりますが、予報ではウネリはあるもののタラ釣りは出来るようです。
宴は、もっぱら翌日大会の『タラ場』選定、腹の探り合い!?
ワイワイガヤガヤ、そろそろ次の肴をと考えていたら「もう腹いっぱい!」えっ、もう要らない!残念ながら料理はこれで終了です。(チョット揚げものが多かったようです・・・反省)
皆さん大会を意識してか、22時に宴は終了、明日の優勝を夢見て就寝。

6日、5時起床、まだ暗い。たかじぃさん、ヒラノさんは到着していました。
正式な大会案内を渡して、出港準備。今回の大会参加者は8名です、タラの身長で競われます。6時には皆さん秘密の場所に出撃していきました。
Cimg0716 Cimg0717
Cimg0718 Cimg0720
Cimg0723 Cimg0724
Cimg0725
タカマは、海脚の手前のタラ場(勝手に決めている)に向います。ウネリが激しく、スピードが出せません。20分位で到着、魚探にはホッケと思われる反応が映ります。
予想通り、ホッケがシャクリにもジグにも掛かり、タラには到達できません。何時もならホッケを確保したいところですが、今日の狙いはGT(グレートタラ)だけ、移動します。
当たりました、タラだけ釣れます。
Cimg0726 Cimg0727
6匹釣って大満足、なんたって1m超えが釣れました。(密かに優勝を意識)しかし、残念なことに全部♀、タチは入っていませんでした。まだ、釣れそうでしたが、魚の処理を行って、ブリ探索後帰港。
Cimg0728 Cimg0729
終了の11時までには皆さん帰港、ボートを陸に揚げて、いよいよ審査発表!
2 4
何と、ナント、タカマが113cmで優勝しました、準優勝はクロダさん、三位はたかじぃさんでした。
3 Photo
大会参加の皆さん、大変お疲れ様でした。来年は優勝目指しましょう!

|

« タチ入りタラ調査 | トップページ | 手稲山初冠雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51957/58337654

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り大会『タラ釣り一本勝負』:

« タチ入りタラ調査 | トップページ | 手稲山初冠雪 »