« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.20

石狩カレイパートⅣ

4月19日石狩のカレイ釣に行ってきました。
天気は晴れ凪予報で張り切り過ぎて、現地には3時に到着、意外とボートの数は少ないですね。
夜明け前に防波堤探索から開始、2時間で小さな赤い宇宙人との出会いが3回ありました。(超ラッキー)
先週より海水の濁りは良くなったようです。
Imgp1381Imgp1382薄曇りでしょうか、それとも黄砂?
目覚めるような朝日ではありません。
そろそろいつものカレイ場へ。

Imgp1383Imgp1385Imgp1384



Imgp1387今日はベタ凪状態です。
風は、南東から北寄りの風に変わりました。
テトラ寄りでホッケと考えたのですが、風の向きが変わりカレイに変更、ホッケは2匹に終わりました。
カレイも先週より小型が目立ちます、キープは52匹でした。
11時に上がりました、浜の様子です。
次回は、もう少し沖に行って大型のカレイを狙いましょう!?

Blog_ranking
タカマをねぎらってくれる方☆ポチッとお願いします(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.13

石狩カレイ釣パートⅢ

今週も土曜日は生憎の天気で日曜日(12日)の出撃になりました。
昨日はかなり波があったようです。海岸に貝殻がいっぱい打ち上げられていました。
混み混みを予想して2時に出発、現地は5割位の混み具合でした。
先週に比べかなり寒いです。朝4時半の気温は0度です。
釣友のヒラノさんも今年始めての出撃です。
Imgp1369早速出撃、まずは防波堤探索から、到着時は北西の風が吹いていましたが、この時間は南東の風に変わっています。
ここでの探索は不発です。
防波堤渡しの船が来ました。
海水は先週より濁っていますね。
Imgp1372Imgp1377Imgp1378




今回もカレイは赤灯台の裏へ、ヤマトさん、ホリゴメさんです。
ヤマトさんは、カレイの他にホッケをけっこう釣ったようです。
ホリゴメさんは、35cm強のマガレイを釣ったと言っていました。場所は何処でしょう?
Imgp1376準備を終えてヒタノさんも来ました。
釣れているでしょうか!
陽が昇ると凪になって来ました、この凪ではヒラノさんも酔わないでしょう?!

Imgp1375Imgp1373タカマの選んだ場所は、根がかりがするようです。
投入してまもなく、赤い宇宙人が釣れました。根がかりでカレイ用天秤仕掛けを2個失いました。
マガレイは、中小42匹釣れました。
朝は、とっても寒かったですが、10時に上がるときには気温も上がりいい感じです。
Imgp1379Imgp1380帰りの浜の様子です。
湾内はベタ凪になりました。
今晩は、カレイの煮付けを肴にビールで乾杯!

Blog_ranking
タカマをねぎらってくれる方☆ポチッとお願いします(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.06

カレイいたIN石狩

4月6日石狩より出撃、今日は午前中は南の風予報、赤灯台の裏に的を絞り、今年の最初の真ガレイ堪能しました。
夜明け前は、防波堤探索。夜明けと同時に防波堤裏へ。
Imgp1356_2本日の一匹目、唐揚げサイズです。
水温が低い性でしょうか、置竿には釣れません、一生懸命小突かないとアタリが無いようです。
それにしても、誰も来ませんね、どこか釣れているところがあるのか?

Imgp1357_3オウミさんです、お久しぶりです。
昨日から来ていたよいうですが、昨日は北の風で波が高くカレイはダメだったようです。
他のボートも集まって来ました。

Imgp1354_2Imgp1359 5時半の気温はプラス5度です、寒いです。
オッこれは大物とおもいきや、ホッケが一匹釣れました。
Imgp1358流石にこの時期は川ガレイも釣れますね。(いいアタリだったのに)

Imgp1362_2ナカノさんです。エンジンの調子が悪い・・・ウンヌン。
今日は赤い宇宙人はいないようです。

Imgp1360今日の釣果、真ガレイ中小61匹。
今晩のオカズになります。
先週より海水の濁りはなくなったようですが、それでもまだ濁っています。

Imgp1363帰りの浜の様子です。
今日は10時過ぎには上がりました。
日一日とよくなる感じですね、爆釣はもう少し先でしょうか。

Blog_ranking
タカマをねぎらってくれる方☆ポチッとお願いします(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.01

「イカ」釣(私のこだわり)

ここ2年くらい「イカ釣り」は、夜ではなく日中です。
昨年のイカ釣りは、今ひとつの感じでした。そこそこ釣れたのですが、大漁は無し。さて、今年はどうでしょうか!
魚探に反応があっても釣れないときもあります。ホッケと混合しているときは、仕掛けがクルクルパーになりました。仕掛けを色々替えて、やっと釣れたときもありました。
釣れない時は直ぐに移動、そして又移動・・・直ぐ仕掛けを投入できるように、
Imgp1333こんな道具を自作してみました。
これで、移動を繰り返しても瞬時に仕掛けが投入できます。
これで今年のイカは、バッチリゲット。ナンテ!


Imgp1187Imgp1188Imgp1189




Imgp1191Imgp1191_2Imgp1193




仕掛けは、色とりどり準備OK!
ところで皆さんは、釣ったイカをどのようにして持ち帰っていますか。
「沖漬」の他は、「一夜干し」ならぬ「帰る干し?」、クーラーに海水を入れて、凍ったペットボトルで冷やし、その中にイカを入れて持ち帰る。のが一般的でしょうか。
seadragonは、その日釣ったイカを「限りなく生きのいい状態で、食べてもらいたい」にこだわって持ち帰っています。
1.海水を持ち帰りタッパで冷凍し「海水氷」を作る、それをボートに持ち込む。
2.釣った刺身用のイカは、スカリor生簀で生かしておく。
3.海水をクーラーに少し入れ、上記の「海水氷」を入れて「冷却海水」を造る。
4.その「冷却海水」をビニール袋に入れ、生きたイカ(一匹)を入れて閉じる。
5.刺身にするイカ(5,6匹)を同様にビニール袋へ入れて閉じる。
Imgp0976Imgp09376.イカを入れたビニール袋をクーラーに入れ、海水も入れて、凍ったペットボトルを入れて持ち帰ります。

これで夕食のイカ刺は、どこの居酒屋で食べたイカ刺よりも生きが良く、包丁を入れると身がスルメのように丸まります。コリコリとした歯ごたえが、めちゃウマです。
透明感のある「イカ」は絶対に美味しいですよ、是非お試しあれ!!

Blog_ranking
タカマをねぎらってくれる方☆ポチッとお願いします(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »